仮想通貨取引所ビットポイントでハッキング被害!ビットコイン、リップル、イーサリアムなど35億円が不正流出

bit point記事1
管理人一言

日本の取引所、コインチェックに続いてハッキング被害が出ましたね...どういう対処になるのかまた記事にします。
仮想通貨市場の変動はあるんでしょうかね...

ビットポイントがハッキング被害か

ビットポイントジャパンが運営する仮想通貨取引所BITPointは、緊急メンテナンスで全サービス停止のお知らせを告知した。

ビットポイントジャパンは、リミックスポイントの完全子会社だ。BITPointは12日6:30より送金(送付)、受金(預入)のサービスを停止していたが、10:30頃より「取引及び送受金等を含む全サービスを停止」した。

緊急メンテナンス当初、その原因や再開予定時期は明らかになっておらず、親会社リミックスの株価が後場寄りから急落。制限値幅の下限(ストップ安水準)となる前日比80円(18.6%)安を付けるなど、利用者や市場の不安を招いている。

なお、日本経済新聞の情報によれば、仮想通貨数十億円相当のハッキング被害と見られる。

これについてビットポイントは、仮想通貨の不正流出被害を認め、以下のように公表した。BPJがホットウォレットで管理している仮想通貨は、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、ライトコイン、リップル(XRP)の5銘柄となっている。

1. 不正な資産流出の状況
2019 年7月 11 日夜、BPJ の仮想通貨取引システムにおいて、仮想通貨の送金に関するエラーが
検出され、調査の結果、BPJ の管理するホットウォレットに保管している仮想通貨の不正流出が判
明いたしました。
BPJ では、仮想通貨の取引を円滑に実施するため、一部の仮想通貨をホットウォレットで管理し
ております。今回の不正流出は、当該ホットウォレットからのものであり、コールドウォレットで
管理している仮想通貨ならびに法定通貨につきましては、流出は確認されておりません。
今回の不正な流出の対象となった仮想通貨の数量、流出額については詳細を調査中でありますが、
流出額は概算で約 35 億円(うち、お客様からの預かり分約 25 億円、BPJ 保有分約 10 億円)(換算
レートは 2019 年7月 11 日 16 時時点の価格)と、現時点では見込んでおります。なお、詳細が判
明次第、速やかに公表いたします。
なお、BPJ がホットウォレットで管理している仮想通貨は、ビットコイン、ビットコインキャッ
シュ、イーサリアム、ライトコイン、リップルの5銘柄であります。
2. 経緯
今回発生した事実とその対応につきましては、以下のとおりであります。
2019 年7月 11 日 22 時 12 分頃 リップルの送金に関するエラーを検知。
BPJ の情報システム部門等で対応開始。
22 時 39 分頃 リップルの不正な流出を確認。
他の仮想通貨の流出の有無の調査を開始。
2019 年7月 12 日 2時 00 分頃 リップル以外の仮想通貨についても不正流出を確認。
3時 00 分 BPJ にて緊急会議を実施。
6時 30 分 BPJ における仮想通貨の送受金を停止。
10 時 30 分 仮想通貨の売買・交換を含む、BPJ の全サービスを停止。
bit point 公式

プロフィール

どうも、管理人のロンシーです。
このサイトは私が厳選した
オンラインカジノサイトを記載し
紹介していますのでご安心下さい。

仮想通貨が使えるカジノ

PAIZACASINO
JOYCASINO
ページ上部へ戻る