2020/11/4

2020/11/24

2020/10/23

2020/10/22

2020/9/24

Bit coin『ビットコイン』を使って買い物、ショッピングする方法

ビットコイン 買い物1

 

ビットコインで買い物できる

近年、世界中で仮想通貨がブームになっており今現在、保有している方も多いと思います。今回はビットコインを使っての買い物について、どのような仕組みなのか、などの疑問を解消します。

midasi ビットコインで買い物するメリット

ビットコイン買い物するメリットを3つほど紹介したいと思います。

財布が要らない

jpg
 
まだまだに日本は世界に比べて、キャッシュレスが普及していませんが2019年10月1日から始まった軽減税率のキャッシュレス還元などでPayPayなどが流行りましたが、まだまだ現金の流通が多い国です。
ビットコインは基本的にスマートフォンの中にウォレットとして保管してあり、スマホで決済できるので財布を持つ必要がありません。ビットコインは電子マネーのように気軽に利用できるため、電子マネーを普段から利用しているユーザーにとっては、馴染みやすい決済方法だといえるでしょう。

暗証番号も不要

jpg
 
クレジットカードでは必要な暗証番号が、ビットコインでは必要ない点です。
また、ビットコインの場合は、QRコードを読み込んで決済完了できるため、個人情報が流出するリスクも低くなります。

両替も不要

jpg
%nbsp;
ビットコインは法定通貨と違い両替が必要ありません。ビットコインは世界中どこでも利用することが可能であるため、海外旅行へよく行く人などは、買い物をするときにビットコインを利用してみるのも良いでしょう。
 

midasi ビットコインで買い物するデメリット

逆にビットコインで買い物するデメリットを2つほど紹介したいと思います。

まだまだ店舗が少ない

ビットコインで買い物ができる店舗は、世界中で徐々に増えてきている傾向にありますが、まだまだクレジットカードが使えるお店などと比べると、少ないといえます。

取引所(ウォレット)の破綻の可能性

利用している仮想通貨の取引所(ウォレット)の破綻リスクがある点です。
万一利用している取引所が破綻してしまった場合、資産が引き出せなくなってしまったり、保有している仮想通貨が利用できなくなってしまう可能性もあります。
また、ハッキングリスクなどもありますので、取引所のウォレットを利用する際には、2段階認証などのセキュリティ対策を、必ず自分自身でも行っておくことが大切です。

ビットコインが使えるお店はどんな所?


 
ビットコインで買えるものはたくさんあります。最近では飲食店や家電量販店などの店舗のみならず、インターネットショッピングでのビットコイン決済も増えてきています。
さらにファッション・アクセサリー・インテリアなどを取り扱っているサイトや、化粧品や車・バイクの販売、ギフト券やチケットの売買を行っているサイトなども、ビットコインで決済できる所が増えてきています。

ビットコイン決済の注意点!!

買い物にビットコインの決済を使うと消費税のほかに所得税と住民税が加算されるケースがあります。
所得税・住民税が発生するのは、ビットコインを購入した時よりも、ビットコインの価格が上昇してから買い物をしたときです。反対に、ビットコインの価格が下落し、含み損がある状態でビットコイン決済をした場合は、課税対象には含まれません。
 

初心者初心者向け仮想通貨の知識一覧
1 仮想通貨bitcoinとは?

超超有名な仮想通貨ビットコインを解説!

ビットコインの入手方法

ビットコインの買い方、入手方法を解説!

実際に稼げるの?

ビットコインの財布!ウォレットを解説!

ビットコインで入出金

ビットコインでの入出金方法を画像で解説

© 2021 【最新】オンラインカジノ ナビ|カジノ徹底比較サイト Powered by AFFINGER5