機関投資家向けSFOX、ビットコイン先物市場のさらなる発展に注目!

bit NEWS01

SFOXが独自指標を発表

機関投資家向けの仮想通貨取引プラットフォーム「SFOX」が、仮想通貨市場に関する月次レポートを発表した。

本レポートが調査対象にしている銘柄は、自社のプラットフォームで取引されているビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、ビットコイン(BSV)、イーサリアムクラシック(ETC)の6種類だ。

仮想通貨の価格や相関性、ボラティリティについては、bitFlyer、バイナンス、Bitstamp、コインベース、Gemini、itBit、クラーケンの8箇所の取引所からデータを収集している。

低迷していた10月7日時点での仮想通貨市場については、「ニュートラル」と報告した。

この指標(SFOX Multi-Factor Market Index)は、SFOXが独自に作成しており、価格推移や市場のセンチメント、業界の動向(ファンダメンタル)から算出される。本指標は「非常に弱気」から「非常に強気」までの7段階で表わされ、前回の1ヶ月間は「やや強気」との評価だった。

プロフィール

どうも、管理人のロンシーです。
このサイトは私が厳選した
オンラインカジノサイトを記載し
紹介していますのでご安心下さい。

仮想通貨が使えるカジノ

PAIZACASINO
JOYCASINO
ページ上部へ戻る