2020/11/4

2020/11/24

2020/10/23

2020/10/22

2020/9/24

仮想通貨ニュース

博報堂「仮想通貨・ビットコイン」調査|日本人投資家の動向や日常生活の決済手段としての期待度が判明

cryptocurrency記事23
博報堂「仮想通貨調査」、日常生活での決済手段として高い期待感

博報堂が、全国18〜59歳の男女2万人を対象に行なったアンケートで、ビットコインなど仮想通貨購入者の平均年齢は34.7歳、男性比89.0%。平均世帯保有金融資産は、1119万円ということが判明。今後「売買予定あり」の割合も高い数値を示した。

博報堂「仮想通貨調査」、日常生活での決済手段として高い期待感

国内最大手の広告代理店「博報堂」が発足した「HAKUHODO Blockchain Initiative」(博報堂ブロックチェーン・イニシアティブ、以下HBI)と博報堂金融マーケティングプロジェクトは、全国18〜59歳の男女2万人を対象に「(第2回)仮想通貨に関する生活者調査」を実施し、仮想通貨に対する意識・実態とその変化を調査した。

仮想通貨の購入者の平均年齢は34.7歳、男性比は89.0%。平均世帯保有金融資産は、1119万円となった。

2018年以降のビットコイン市場の度重なる急落や、それに伴う仮想通貨全体の長らく下落相場(下図)を受け、仮想通貨購入者の約4割が、過去半年間、まったく取引をしていない「塩漬け(含み損のまま長期保有)」状態にある
bit-news

-仮想通貨ニュース

© 2021 【最新】オンラインカジノ ナビ|カジノ徹底比較サイト Powered by AFFINGER5