2021/6/30

2021/6/29

2021/6/29

2021/6/29

2021/6/29

モンテカルロ法の賭け方と損切りのタイミング

モンテカルロ法4
モンテカルロ法の使い方

攻略法の『モンテカルロ』ですが、相性があったり駆使するにあたっての条件などがあります。徹底調査しましたので解説していきます。

モンテカルロ法と相性のいいゲーム

モンテカルロ法は全てのゲームで使えますが、基本的には3倍配当のゲームでよく使いますので、ルーレットのダズンベット、コラムベットなどがおすすめです。
バカラやブラックジャックなどの2倍配当でも使えますが1セット終了時に利益が出ないことがあります。
3倍配当のゲームであれば、モンテカルロ法を1セット終了させた時点で利益が出る形になります。

モンテカルロ法の使い方

3倍配当のゲームと言えば、ルーレットの「ダズンベット(1ダース12点賭け)」や「コラムベット(1列12点賭け)」がおすすめです。

1ユニットを決める

まずは1ユニット(初めのベット額)を決めましょう。

例えば「1ユニット=1$」で始めて、ベット額を5倍にしたい場合は「1ユニット=5$」とすれば、モンテカルロ法で使用する数列は同じように使うことができます。

紙とペンを用意

紙とペンを用意し、「1.2.3」と書きましょう。

数字の両端の1と3を足した4がベット額

左端の「1」と右端の「3」を足した「4」が1回目のベット額となります。
つまり「4ユニット」をベットするということですね。
もし最初に「1ユニット=1$」と決めたのであれば、ベット額は4ドルです

負けた時:前ゲームで負けたベット額を数列に記入

1回目の勝負に負けてしまった場合は、ベットしたユニット数を数列の右端に追加します。
次の勝負では、左端の「1」と右端の「4」を足した「5ユニット」がベット額となります。

勝った時:両端の数字を2つ消す(3倍配当の場合)

連敗が続き、数列が「1,2,3,4,5,6,7」つまり「8ユニット」で勝負しているゲームで勝ったとします。
その場合は左端の「1,2」、右端の「6,7」を消します。
すると「3,4,5」という数列が残るので、次の勝負では、左端の「3」と右端の「5」を足した「8ユニット」がベット額となります。

やめるタイミングは?

モンテカルロ法は、両サイドの数字がなくなると利益が出ていることを示します!!
ですので、セットごとが切り上げるタイミングでしょう!!
ですが、2連勝しても1セットが終わらなくなるほど負けこんでいる場合はやめた方が良さそうです。

トータルでどのくらい賭けるか、負けている時にどこでやめるかは完全に自己判断になります。
大切なのは、自分で決めた引き際ルールを守るということだと思います。

最後に!

当サイトで紹介しているオンラインカジノはライセンスを取得しているサイトですので安心で安全なプレイができます。入出金の確実性やサポート体制など細かく評価し紹介していますが各サイトによって遊べるゲーム、使える仮想通貨などが異なってきますので自身にあったサイトを探してみてください。

モンテカルロ法 徹底解説一覧
1 モンテカルロ法とは?

   モンテカルロ法を徹底解説しました!!!
勝率を上げるゲーム

   性質にぴったりなゲームをご紹介します!
損切りのタイミング

   賭け方と損切りのタイミングを徹底解説!
リアルプレイで実践

   攻略法が勝てるのかリアルプレイで検証!

© 2021 【最新】オンラインカジノ ナビ|カジノ徹底比較サイト Powered by AFFINGER5